Facebookの懸賞アプリ『Crocos懸賞』を検証してみた・その1

crocos

べ、べつにダジャレを言いたかったわけじゃないですよ。どうもさなパパです。

本当に検証してみたんだからいいじゃないですかっ。

というわけで、今回は懸賞アプリ『Crocos』について。

まず、Crocosって何ぞや?というところから。

Crocosのアプリ説明文を引用しますと、
=======================================
『Crocos懸賞』は、Facebook ページで懸賞・プレゼントを開催するアプリケーションです。
管理しているFacebookページに簡単にインストールすることができます。

無料でご利用いただけます。
こんなときにCrocos懸賞をご活用ください

自分のFacebookページの「いいね」を増やしたい

応募条件として「いいね」を押すという懸賞を開催する方法は海外では一般的です。
商品や当選者数によっては数千の「いいね」を増やすことができます。
もし御社がメールマガジン等の媒体をお持ちであれば、
そのお客様にたいして懸賞を案内することでFacebookの「いいね」を増やすことが出来ます。

とにかく露出を増やしたい

懸賞への応募後、ユーザがウォールに投稿することによって、
Facebookページの大きな露出効果が期待できます。
また、それによって応募者のさらなる拡散を後押しします。
=======================================

と、こんな感じ。

ただ、自分が実際にこのCrocos懸賞を使ってみて思ったのは、

いいね!が増えることや、ウォールに投稿することによる露出効果よりも、

もっと重要なことがあるということ。



それは、Crocos懸賞一覧ページから自分のFacebookページへのアクセス数が増えるということなんです。

このCrocos懸賞はいいね!を押して懸賞に応募してもらうだけに使うのはもったいないんです。



とりあえずまずは実際にデータを見ていただきましょう。

オリジナルグッズSana*SanaのFacebookページで懸賞を開催したときのデータは以下の通りです。


◆11/8~11/15 ※賞品は名入れストラップ1本1名様
・Crocos懸賞⇒Facebookページへのアクセス 116アクセス
・いいね! 86増加
・懸賞応募者数 91名
※すでにいいね!を押している人も応募できるので、いいね!増加数=懸賞応募者数とはならない。

◆11/17~11/29 ※賞品は名入れストラップ1本3名様
・Crocos懸賞⇒Facebookページへのアクセス 159アクセス
・いいね! 93増加
・懸賞応募者数 129名



はっきり言って、自社の製品を懸賞に出したので、商品券や有名ブランド賞品に比べると引きは弱いです。

それでも100人強のSana*Sanaのことを知らなかった方をSana*SanaのFacebookページに誘導できるわけです。

誘導した先にプレゼント応募のボタンしかなければ、それを押してオシマイとなります。



いいね!の数が増えればそれでいいなら、いいのですが。(ややこしい文だな。。)

残念ながらいいね!を押したからといって、今後Facebookページを見てくれるかと言うとそんなに甘くはありません。

確実に自分のFacebookページを見てくれている”懸賞応募の瞬間”が大事なわけです。

ちゃんと目的のページへの動線設計をしておく必要があります。

具体的にはまた次回の記事にて。

 

補足。
こんな記事もありますので、今後懸賞を使ったプロモーションがどうなるかわかりません。
安易ないいね!増やしだけしか考えないプロモーションにはたしかに疑問ですね。

「“いいね!”を押したらプレゼント」は禁じ手に!? 企業ユーザー要注意! Facebookプロモーションに規制強化の兆し|News&Analysis|ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/15110


広島ブログ>>ランキング参加中♪バナーをクリックして応援よろしくお願いします!